ホーム > 収録レポート > 【つきねこラジオ】「つきねこラジオ!ver.ソワレ」最終回収録後のインタビュー

【つきねこラジオ】「つきねこラジオ!ver.ソワレ」最終回収録後のインタビュー

2010 年 7 月 29 日 18 時 14 分

こんにちは、ふるゴンです!

先週より、第二幕のプレビュー放送の配信が開始いたしました、つきねこラジオですが、
本日は、「つきねこラジオverソワレ」の最終回収録後のインタビューをご紹介させていただきます!

≪メインパーソナリティ≫ 五十嵐裕美さん / 越田直樹さん / 桑門そらさん

------------------
五十嵐裕美さん(以下、五十嵐) 越田直樹さん(以下、越田) 桑門そらさん(以下、桑門)
※ 敬称略させていただきます。

 

■ 本日、最終回を終えられての心境はいかがですか?越田さんからお願いします。

越田:
やっぱり寂しいです。
ラジオでも言った通り、マチネの方はきっちりできる人達ばかりなので、
料理で言うならばクオリティの高い料理を毎回提供されていたと思うのですが
僕らソワレは毎回色んな味に変わっていたように思います(笑)
でも、逆にそれが良かったんじゃないかなと。
いつかまたこのメンバーでラジオができたらと思います。

■ ありがとうございます。続いて、五十嵐さんお願いします。

五十嵐:
3人でできて楽しかったです!
正直、最終回のメールを読んでいた時もまだ実感がありませんでした。
でも、今後、定期的に2人に会わなくなるようになった時、やっと実感が湧くような気がしています。
なんかまた、「次の収録いつ?」ってそらちゃんに確認してしまいそうです。
そのくらい生活の一部になっていたんだなぁと思うと寂しいです。

■ ありがとうございました。続いて、桑門さんお願いします。

桑門:
私も、まだ最終回の実感があまりないです。でも、配信されたのを見て
「あー、終わっちゃたんだなぁ」って感じるような気がします。
最終回だけどいつも通りの楽しいソワレでやりたいと思っていたのですが、
案の定、収集のつかない感じでいつも通りのソワレでした(笑)
最終回もとても楽しかったです!

■ ありがとうございます。
では、越田さんから五十嵐さんと桑門さんにそれぞれメッセージをお願いします。

越田:
五十嵐さんは芸歴的には僕の後輩ではあるんですけど、僕に敬語を使うこともなく
普通に話しかけてくれたのがすごく嬉しかったですね!

桑門:
あはははは(笑)

五十嵐:
「最低だよ、越田」とか言ってましたね(笑)

越田:
先輩後輩関係ない空気の方が絶対に楽しいと思うので、それはすごく嬉しかったです。
大げさかもしれませんが、本当にお礼を言いたいぐらいです。
ありがとうございました。

五十嵐:
いえいえ(笑) 
ありがとうございました。

越田:
逆に、そらさんは僕にとって先輩なので、やっぱりいつも助けられていたと思います。
逆に僕が何も恩返しができなくて本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
これから何かを還元していけたらと思います(笑)

桑門:
これから還元なんだ(笑)

■ ありがとうございます。では続いて、五十嵐さんから、越田さんと桑門さんに
それぞれメッセージをお願いします。

五十嵐:
越田君は本当に素敵な天然さんです。
「俺、天然じゃないよ! 俺、かっこいいよ!」みたいな、自分のことが見えてない所が本当に残念なキャラです(笑)
でも、もうここまで来たら愛すべき残念ですね。
だから、先輩とは到底思えません(笑)

一同:
あっはっはっはっはっは!

五十嵐:
桑門さんはですね、本当に公私共に仲良くしてくれて、ものすごい先輩なんです。

■ ものすごい先輩ですか?

越田:
そんなでもないぞ(笑)

五十嵐:
桑門さんは仲良くしてくれている人の中ではたぶん一番先輩のはずなんです。
一緒に楽しんで一緒に騒いでくれるところが嬉しかったです。
なんかいいお姉ちゃんだなって思います。ありがとうございました。

■ ありがとうございます。では続いて、桑門さんから越田さんと五十嵐さんに
それぞれメッセージをお願いします。

桑門:
越田君との付き合いは長いので、彼のことはよく分かっていたはずなんですが、
まさかこんなに話が長くてつまらないとは思いませんでした(笑)

越田:
はっはっはっは!

桑門:
ラジオで再発見しました!
だからもっと話を短くまとめるような練習をしてね!

五十嵐:
ダメ出しだよ(笑)

桑門:
さっき私のことを先輩だと言ってくれたので、先輩目線でアドバイスさせてもらいました(笑)

越田:
はい、頑張ります!

桑門:
五十嵐さんは、妹のような感覚ではないんですよねぇ。
なんかある日、家に来た謎の生物みたいな感じですね。

五十嵐:
え?! 何それ(笑)
私は、ドラ●もんか?!

桑門:
引き出しを開けるといるみたいな(笑)
でも、一緒にたくさん馬鹿騒ぎができて楽しかったです!

五十嵐:
ね! 趣味合うよね!

桑門:
そうなんだよね。
なので、ラジオで会わなくなっちゃうのはさみしいけど、
今後も何か不安になった時は、前日に「衣装はこれでいいのか?」と
五十嵐さんに写メールを送り付けます!

五十嵐:
あはは(笑)

■ お2人は、大変仲が良いということですね!

五十嵐:
仲が良いです、越田君以外(笑)

越田:
なんでだよ! 俺も仲良いだろ(笑)

■ 新しく始まる第二幕ですが、この人とラジオをやってみたいというのはありますか?

五十嵐:
私は誰でもいいです!

桑門:
あたしは誰とでもやれるぜ! みたいな(笑)

五十嵐:
いや、そうじゃなくて(笑)  
つきねこはみんな仲が良いから、私は誰とでもいいよーってことです。

桑門:
私もどんな組み合わせになっても、楽しくできると思います!

■ 越田さんも?

越田:
僕も誰と組んでも、おそらく越田直樹の色しか出せないと思うので(笑)
誰とでも楽しみです!

桑門:
でも、越田君と阿久津さんの組み合わせが実現したら凄そう。

五十嵐:
越田君さ、阿久津さんに一回凹ましてもらった方がいいと思う。
私たちは優しかったと思うもん。

桑門:
あははは(笑)

越田:
そうかい?

五十嵐:
越田君は絶対に私達でよかったと思うはず!

越田:
いや、意外とわからないよ(笑)

■ ありがとうございます。では、最後にリスナーの皆さまへ一言ずつメッセージをお願いします。

五十嵐:
今までソワレを31回聞いて下さった皆さまありがとうございました。
これからつきねこ自体がどうなっていくのか私も楽しみです!
皆さんも是非見届けてください。よろしくお願いします!

■ ありがとうございました。続いて、越田さんお願いします。

越田:
本当に皆さんのおかげでこの番組は成立していたと思います。
本当に皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも頑張っていきますので、つきねこを応援してください。
よろしくお願いします!

■ ありがとうございました。続いて、桑門さんお願いします。

桑門:
今まで本当にありがとうございました!
楽しいラジオができたのは本当に皆さんのおかげです。
この3人でのラジオは終わってしまいましたが、
これから始まる第二幕の新しいラジオを楽しみにしていて下さい!

■ ありがとうございました!

五十嵐・越田・桑門:
ありがとうございました!

soware_last_int

 最終回をご覧いただいたご感想などございましたら旧ソワレの投稿フォームよりお送りください。
DNE部が責任をもってお渡しいたします。
また、ラジオでご紹介させていただいてもいいメッセージは、その旨をご記入いただければ幸いです。

 <つきねこラジオver.ソワレの投稿フォームへはこちらからどうぞ>
 URL 
https://dn-e.jp/ms/post/index.html?code=neko_soware

以上、よろしくお願いいたします。

 

 

五十嵐と越田と桑門のつきねこラジオ!ver.ソワレ

コメントは受け付けていません。