ホーム > 収録レポート > 【虎の穴】高橋・森谷のミッドナイトトレインコミックマーケット77 公開録音スペシャル収録後インタビュー

【虎の穴】高橋・森谷のミッドナイトトレインコミックマーケット77 公開録音スペシャル収録後インタビュー

2010 年 3 月 7 日 10 時 18 分

こんにちはベニーです。

2009年12月30日に東京ビックサイトで行われました
『高橋・森谷のミッドナイトトレイン』コミックマーケット77 
公開録音スペシャル放送後のインタビュー
を掲載します!

≪パーソナリティ≫ 高橋英則さん / 森谷里美さん

------------------
高橋英則さん(以下、高橋) 森谷里美さん(以下、森谷)
※ 敬称略させていただきます

■ 『高橋・森谷のミッドナイトトレイン』コミックマーケット77 公開録音スペシャル、お疲れ様でした。
「ミッドナイトトレイン」としては初の公開録音でしたが、手応えはいかがでしたか?

高橋:
コミックマーケットという大きなイベントの一環として公開録音させてもらうってスタイルが新鮮でよかったですね。
お客さんも多くて、ガラにもなく緊張してしまいましたが……。
でも、そんな「慌てっぷり」も含めて(笑)楽しんでもらえたらと思います。

森谷:
私はコミケというもの自体、参加したことがなかったんですよ。なので、公開録音という以前に、
コミケそのものの規模の大きさとか、皆さんの熱気に圧倒されてしまって。
私なんかがいていいものか、正直、不安もあったんですが……。

高橋:
ちょっと他にない雰囲気だからね。仕方ないよ。

森谷:
でも、いざ始まってみると、テープの回る前から、多くの方が集まってくれてて。
「あ、ここで喋っていいんだな」って落ち着きを取り戻した感じです。

■ 収録中、特に印象に残った場面を教えてください。

高橋:
悩み相談のコーナーが思いの外、リアルな展開になっちゃったのは驚きましたね。

森谷:
「よく男性に間違われる」って女性の方ね。

高橋:
レギュラー放送って、結構、ユルいネタが中心だから。

森谷:
私たち自身、もっと経験を積んで、いろんな相談に乗れるようにならないと。

■ 森谷さんは、どの場面が印象に残られましたか?

森谷:
演技で、お客さんに対して「怒って」みせたところですかね。
ちょっと熱が入り過ぎちゃったんで、お客さんが気を悪くしたんじゃないか、心配で……。

高橋:
そんなことないよ。

森谷:
あの時のお客さん、これに懲りず、また遊びにきてください。

高橋:
だから、大丈夫だって(笑)。

■ 収録終了後も、握手会、サイン会でファンの皆さんと交流されていましたが。

高橋:
僕、握手会は初めてだったんですよ。
なので、どんな気分なのか、まったく想像がつかなかったんですが、実際にやってみると、
「僕にも握手を求めてくれる人がいるんだッ!」って、純粋に嬉しかったですね。

森谷:
実は今回、私の参加したCDは売ってなかったんですが(笑)……。

高橋:
確かに。

森谷:
それでも、わざわざ列に並んで、声を掛けてくれる方がいて。ファンの方の「生の声」に優るものはありませんね。

高橋:
サイン会も楽しかったよね。

森谷:
皆さん、自分の大事なものを持ってきてくれて。バッグとか、音楽プレーヤーとか……。

高橋:
「本当に書いちゃっていいんですかッ?!」って、こっちが恐縮しちゃったり(笑)。

■ 最後に、参加された皆さん、リスナーの方にメッセージをお願いします。

高橋:
公開録音に参加していただいた皆さん、本当にありがとうございました。
レギュラー放送とはまた違った「ミッドナイトトレイン」を楽しんでいただけたのではないでしょうか? 
また、ラジオで聞いてくださっている方も、次の機会にぜひ、この「違い」を
ご自身の目で確かめにきてもらえたらと思います。

森谷:
今回の公開録音で、初めて「ミッドナイトトレイン」を知ったという方も多いと思います。
これからもガンガン盛り上げていきたいので、少しでも興味を持っていただけたら、投稿や、イベントを通じて、
私たちの番組に接してもらえると、嬉しいです。

■ ありがとうございました。

mido_comi

 

 

 

DNEメディアステーション
マウスなのに虎の穴ラジオ『高橋・森谷のミッドナイトトレイン』

コメントは受け付けていません。