ホーム > 収録レポート > 【虎の穴】坂巻&山口&塩谷のムチャリブレ!第9回放送後のインタビュー

【虎の穴】坂巻&山口&塩谷のムチャリブレ!第9回放送後のインタビュー

2010 年 2 月 20 日 16 時 00 分

こんにちは、ベニーです。

2月8日(月)~配信されております
マウスなのに虎の穴ラジオ『坂巻&山口&塩谷のムチャリブレ!』第9回放送後のインタビューを掲載します!

≪メインパーソナリティ≫ 坂巻学さん / 山口翔平さん / 塩谷綾子さん
≪ゲスト≫            高橋英則さん

------------------
坂巻学さん(以下、坂巻)  山口翔平さん(以下、山口) 塩谷綾子さん(以下、塩谷) 高橋英則さん(以下、高橋)
※ 敬称略させていただきます

■ 「坂巻&山口&塩谷のムチャリブレ」第9回の収録お疲れ様でした!
今回は初の男性ゲスト・高橋英則さんをお迎えしまして、長時間に渡る熱の込もった収録となりました。
レギュラーの皆さん、ご感想は?

坂巻:
やっぱり、「壊して」くれましたね、高橋クンは(笑)。時間がのびてるのも気にならない位、楽しい収録でした。

高橋:
長かったですね、本当に(笑)。

山口:
オープニングだけで20分も喋りましたからね。「今回、大丈夫なのかな」って思ってましたよ(笑)。

塩谷:
そんなに?!

坂巻:
なんだか没頭しちゃったね、例の「ドラマ」もあって。

山口:
いいモンですね、男性ゲストって。俺、高橋とラジオやるの、初めてだったんですよ。

高橋:
ぜひ、またお伺いして、対決したいですね、「ライジング 高橋」で(笑)

山口:
「SHOW 山口」と(笑)。

高橋:
今回は探り探りだったんでね。次、もっとガツンといきますよ、ライジングは。

坂巻:
そりゃ、また長くなりそうだなァ……。

■ 男性陣が盛り上がってますが、塩谷さんはいかがでしたか?

塩谷:
高橋と同期で、彼のラジオにゲスト出演したこともある私としては……、ちょっと物足りなかったかな。

高橋:
キビシいなァ。

塩谷:
ガンガン攻めてくると思いきや、坂巻さんに頼りっきりで(笑)。

山口:
そういわれると、高橋、腹話術の人形みたいだったかも。

塩谷:
坂巻さんに合わせて、口だけパクパク(笑)。もっと成長してきて欲しいですね。

■ 高橋さん、キビシいご意見が出てますが。

高橋:
いや、もう呼ばれることはないと思うんで(笑)。

坂巻/山口:
拒否すんな(笑)!

高橋:
時間を忘れる程、楽しかったです。

山口:
本当に(笑)?

高橋:
本当だって。もうオープニングからハジケまくりで。

坂巻:
最初にハジケ過ぎて、失速しちゃった(笑)?

高橋:
走りきったつもりなんだけどなァ……。

山口:
確かに、最初の勢いは凄かったね。

塩谷:
勢いというか、何というか。あのウットウシい感じをお伝えできないのが残念です。

高橋:
じゃ、次回はぜひ映像つきで。

山口:
映像がないと、ライジングの魅力は伝えきれないと(笑)。

高橋:
寡黙な男なもので。

山口:
ウソつけッ!

■ それでは、リスナーの皆さんへメッセージをどうぞ。

坂巻:
今回は長時間、かつ、いつも以上にハジケた内容となりました。
もし、こういうノリが好きだって方がいらっしゃいましたら、ぜひお便りをください。
また高橋クンが来てくれるかもしれません(笑)。

山口:
高橋は時折、俺の想像だにしない発言をしてくれるもので(笑)、とてもスリリングな収録になりました。
俺とはまた違ったタイプのムチャっぷりを楽しんでもらえたらと思います。

塩谷:
回を重ねる毎にムチャのハードルが上がっているというウワサの『ムチャリブレ』ですが、
私自身はまだまだだと思ってます。
他の番組に負けないよう、もっともっとムチャなメールを送ってください。お願いします。

■ 最後に、高橋さん、お願いします。

高橋:
まァ、僕が呼んでもらうのも今回が最初で最後なワケですが(笑)……。

塩谷
まだ言ってる(笑)。

高橋:
実際に参加してみて、本当に楽しい番組だと思いました。
僕の感じた楽しさがリスナーの皆さんにも伝わっていたら、嬉しいです。

■ ありがとうございました。

 mutyari009

 

 

DNEメディアステーション
マウスなのに虎の穴ラジオ『坂巻&山口&塩谷のムチャリブレ!』

コメントは受け付けていません。