ホーム > 収録レポート > 【きらきら】きらきらステーション第9回放送後のインタビュー

【きらきら】きらきらステーション第9回放送後のインタビュー

2010 年 2 月 16 日 23 時 24 分

こんにちはベニーです。

1月28日(木)~2月11日(木)まで 、DNEメディアステーションにて配信されました
『沖佳苗と菊池こころのきらきらステーション!』第9回放送後のインタビューを掲載します!

≪メインパーソナリティ≫ 沖佳苗さん / 菊池こころさん

————————————–
沖佳苗さん(以下、沖)  菊池こころさん(以下、菊池)
※ 敬称略させていただきます。

■ 第9回の収録お疲れ様でした!
今回から、新コーナー「私たちを当ててみなさいよ!」がスタートしました。

沖:
面白いコーナーですね。リスナーさんからの投稿がなかなか的を得ていて。

菊池:
リスナーさんにしてみれば、意外性を狙ってくれてるんでしょうけど……。

沖:
私たちが、その上をいく変わり者だったという(笑)。

菊池:
リスナーさんと、いいキャッチボールができそうだよね。
無理してキャラクターを作らなくても、自然な感じでトークできるから。

沖:
そう考えると、今までのコーナー、ハードルが高過ぎたんだよ(笑)。

■ コーナー名が高飛車なイメージなのも異色ですが。

菊池:
いいタイトルですよ。他にない感じで。

沖:
そうだよね。気に入ってます。

■ 次にチャレンジしてみたい企画のアイディアがあれば、お聞かせください。

沖:
「歌の歌詞を作る」とか、どう?

菊池:
いいね、無責任な感じで(笑)。

沖:
無責任って。3分くらいのミニコーナーでいいから、ちゃんとやるの。

菊池:
私たち自身が作詞するとなると、すっごい苦労するハメになるよ(笑)。

沖:
いやいや。
キーワードだけ決めて、あとは作詞家さんにお任せするの。

菊池:
意味ないよ、それ(笑)。やっぱ無責任じゃん。

沖:
それじゃ、詞じゃなくて、曲の方にする?

菊池:
曲を作るの?
よけい難しくなってない?!

■ リスナーの皆さんから募った詞に即興で曲をつけるというのはいかがでしょうか?

沖:
いいかもしれませんね。「擬音」より楽しそう。

菊池:
楽しいだろうけど、絶対、「どこかで聞いたような曲」になるよ。
そうなったら、放送できない(笑)。

沖:
大丈夫だよ。編集でカットしてもらえばいい。

菊池:
他力本願だなぁ(笑)。

沖:
私はヤル気マンマンだよ。

菊池:
音楽関係の企画は沖さんが頑張って。私は横で合いの手やってるから(笑)。 

■ 新規格のアイディアはリスナーの皆さんからも募集しています。

菊池:
「ムチャぶり」系のコーナーは、もう充実してますから……

沖:
「ムチャぶり」以外でお願いします(笑)。
あ、これはつまり「ムチャぶり」をお願いしますよ、というフリとかじゃないんで、ホント(笑)。

■ ありがとうございました。

 kirakira009

 

 

 

DNEメディアステーション
「沖佳苗と菊池こころのきらきらステーション!」

コメントは受け付けていません。