ホーム > 収録レポート > 【虎の穴】遠藤・松尾のハァハァラジオ第1回、第2回放送後のインタビュー

【虎の穴】遠藤・松尾のハァハァラジオ第1回、第2回放送後のインタビュー

2009 年 12 月 8 日 18 時 10 分

こんにちはベニーです。

11月25日(金)~配信されております
マウスなのに虎の穴ラジオ『遠藤・松尾のハァハァラジオ』
第1回、第2回放送後のインタビューを掲載します!

≪パーソナリティ≫ 遠藤大輔さま / 松尾大亮さま
≪ゲスト≫       森谷里美さま

------------------
遠藤大輔さま(以下、遠藤)  松尾大亮さま(以下、松尾)   森谷里美さま(以下、森谷)
※ 敬称略させていただきます

■ 虎の穴ラジオ「ハァハァラジオ」の収録お疲れ様でした!
第1回、第2回のゲストに森谷里美さんをお迎えしての放送でしたが、
収録を終えてのご感想を遠藤さんからお願い致します!

遠藤:
松尾くんはね・・・やっぱりすごいね!あの“ハァハァ”はね、やろうと思ってできるもんじゃない!
俺やれって言われても無理だもん!

松尾&森谷:
あははは!

遠藤:
自分を捨ててるよね。だってあんなに“ハァハァ”したらさ、女の子逃げちゃうじゃない?
あえて女性ファンを捨ててるっていう、捨て身の技だよね。
アイドルユニット(イグニッション)を組んでるのに、いいの!?大丈夫!?

森谷:
そうですよねw

松尾:
まぁ、あ、あの、そこら辺はそこら辺で・・・

遠藤:
何ー?ちょっとテンション低いじゃないの!?

松尾:
い、いや、もう振り切れた方が楽しいかな、と思って、はい。

遠藤:
あー、絶頂に達したあとのアレでしょ?倦怠感みたいな。

松尾:
アレってw……うん、アレですね。

遠藤:
アレだねw 中だるみみたいな感じでw

森谷:
あー、そうなんですね・・・

遠藤:
ごめんね、こんな流れにして(笑)。

■ ありがとうございます!では松尾さんお願い致します!

松尾:
遠藤大輔さんと始まったこのラジオなんですが、実は、女性を呼んで僕がハァハァするっていうカタチが
見え難かったんです。
遠藤さんって普段は本当に優しい方なのにラジオだと豹変するんで…、どうなるんだろうなと。
女性のゲストさんに対して僕はちゃんと“ハァハァ”していかないと、という不安がいっぱいあったんですけど、
今回1回目をやってみてその不安がだいぶ消えました。
これからうまく遠藤さん、ゲストさんと一緒にってやっていけるかなって純粋に思いました。

遠藤:
やっていけるかな~?

松尾:
なんで疑ってんですかw

■ ありがとうございました!では森谷さんお願い致します!

森谷:
記念すべき第1回・第2回のゲストが、果たして私でよかったんだろうかという思いはありますが…。

遠藤:
当たり前でしょう!初回にふさわしいキレイな方が来てね。

松尾:
本当に。

森谷:
いやいやいやw

松尾:
森谷ちゃん可愛いよ、本当に。

遠藤:
鎖骨がないお前が言うな。

松尾:
なんでですかー?

森谷:
松尾さんが、構成作家さんから「“ハァハァ”して下さいね」って言われて、「分かりました」って言ってらっしゃったので、
これは大丈夫だ!と思って、もう全てお二人にお任せして、おんぶに抱っこで頑張りました。

松尾:
でも、別番組「大地丙太郎のおととい来やがれ!」でアシスタントやってるし、いっぱい喋る機会はあるよね?

森谷:
そうですね。

遠藤:
今回は「ハァハァラジオ」のゲストだからね。

松尾:
そうだね、任せて!

遠藤:
・・・えっ!?鎖骨がないお前が言うな。

松尾:
うるせぇw!あっ「うるさい!」ですよね。

遠藤:
いや、いいんだよ、いいんだよ!真面目だな、お前本当に(笑)。

松尾:
だって!だって・・・・まあいいや。

遠藤&森谷:
あはははは!

■ ありがとうございました!では第1回、第2回でやっていただいたコーナーの中で、そ
れぞれで印象に残ったコーナーに関しての感想を遠藤さんからお願い致します!

遠藤:
やっぱり「なんでもベスト3!」が大好きです。あんな革命的なコーナーはないですよw。
オバ●大統領が好きなおにぎりの具?あれ、なんて答えるかなぁ?

松尾:
出てこないですよ。

遠藤:
チーズバーガーとかね。
おにぎりの中にあえて、チーズバーガー、クォーター●ウンダーバーガー、てりや●バーガーとかね、
全部バーガーを入れちゃう。

森谷:
ふふふ(笑)。なるほどー。

松尾:
あー、うまいですね!遠藤さん、さすが先輩!

遠藤:
松尾くんは、普通にコンビニにある具を答えてるからねw

松尾:
僕の好きなおにぎりです。

遠藤:
オバ●大統領はアメリカ人でしょう!アメリカ人の好きなもの答えろよーw
バーベキューとか言えば良かったのに。

松尾:
僕の発想はダメですね。

遠藤:
あとは、ポップコーンとか言えばいいんですよね?

森谷:
あっはっはっは!

松尾:
そうですよね。ちょっと、リアルに凹みます…。

遠藤&森谷:
ははははは!

遠藤:
松尾くんは真面目だからねー。

■ では、松尾さんの印象に残ったコーナーのご感想をお願い致します!

松尾:
やっぱりあの「AFはオートフォーカスの略だよ」ですね。僕的な観点で言わせてもらうと、
ゲストに“ハァハァ”させられるように持っていく、そこら辺がやっぱミソかなと思うんですよね。
だからなんてことない言葉なんですけど、すごくやりがいがあるといいますか。

遠藤:
松尾くんの腕次第だよね。

松尾:
まあ、遠藤さんの腕でもあるんですけど。

遠藤:
僕は、このラジオのアシスタントなんでね。従うだけです。

松尾:
はっはっは!違いますよ。

森谷:
あっはっは!

■ では、森谷さんの印象に残ったコーナーのご感想をお願い致します!

森谷:
「なんでもベスト3!」が一番好きです。特にプレビューの時でも、遠藤さんの1位を言う時って
「あ!素だな!」と思って…ニヤニヤと聴いてしまいましたw
楽しかったです!

遠藤:
あれ、追い詰められるよね。

森谷:
追い詰められますw。

松尾:
いやでも、その遠藤さんが可愛いです。

森谷:
そうなんですよ!そこが可愛いらしいと思って!

松尾:
遠藤さん可愛いです。

遠藤:
…あのコーナー、ちょっとダメだよね。(恥ずかしい様子で)

松尾&森谷:
あっはっはっは!

■ ありがとうございました!では、これからラジオを聴く、もしくは、もう聴かれたリスナーの方に
一言ずつメッセージを遠藤さんからお願い致します!

遠藤:
(ムチャリブレのパーソナリティ)坂巻くんが言ってたんですけど、僕は松尾くんを殺し続けるので
何回松尾くんが死んでいくかをお聴きください。それのみです!
私はもうバンバン殺していきますよ!ジャッ●ナイフで。

松尾:
ジャッ●ナイフですか!?

森谷:
今の遠藤さんの目つきも若干、怖いっていうか。もう、目が(笑)。

松尾:
さっき、居合い切りとか言ってたのにナイフですか?w

遠藤:
現代へと移行した。

松尾:
ありがとうございますw

■ ありがとうございます!では、松尾さんお願い致します!

松尾:
「無茶ぶり養成スクール」から、無茶はずっとやらされ続けてるんですけど、
「ハァハァラジオ」では違った形で無茶ぶりをお見せできるかなと思いました。
「ハァハァラジオ」は、僕が“ハァハァ”して遠藤さんが殺し続けるというラジオなので、
そこら辺はやっぱり今まで聴いてくれていた人はこの変化を楽しんでもらいたいなって思います。
僕がいかに女性ゲストに“ハァハァ”するか、そして、僕は女性ゲストをどんどん丸裸にしていこうと考えていますので、
そこら辺を楽しんでいただければと思っています。

■ ありがとうございます!では、森谷さんお願い致します!

森谷:
私は今回ゲストとして出演させていただいたんですけど、松尾さんの“ハァハァ”していく様と、
遠藤さんの切り込んでいく様をこれからも1リスナーとして聴いて、勉強させていただきたいと思いました。

松尾:
森谷さんも虎の穴メンバーになったことだし、皆で仲良くしていけたらいいですね。

遠藤:
そうですね。

森谷:
そっか。それを考えると、ゲストっていう形ではもうきっと呼んでいただけないので、
今回はすごい貴重だったんですね。
(森谷さんパーソナリティの)「ミッドナイトトレイン」でも遠藤さんや松尾さんを
呼ばせていただくことなんてできるんですかね?

■ きっと出来ますね。

森谷:
じゃ、その際にはよろしくお願いします。
「高橋・森谷のミッドナイトトレイン」もぜひ聴いていただいて、コーナーに投稿などをしていただけたら、
大変、大変嬉しいです。

松尾:
虎の穴ラジオ、皆で作り上げてますので、それぞれにメールをいただけるとありがたいですね。

森谷:
是非よろしくお願いします!

遠藤:
松尾くん宛てにはいらないです。

松尾:
あっはっはっは!最後に出たw

■ ありがとうございました!

ha_01-02_int

 

コメントは受け付けていません。