ホーム > 収録レポート > 【つきねこ】ドラマ+キャラソン収録後インタビュー 今井麻美様

【つきねこ】ドラマ+キャラソン収録後インタビュー 今井麻美様

2009 年 11 月 30 日 22 時 00 分

こんにちは、ベニーです。

12月1日(火)に発売される
ドラマ+音楽CD「つきねこ」の収録後のインタビューを掲載いたします!

madokaお待たせいたしました!四人目は、まどか役の今井麻美さんです!

■ ドラマCDとキャラクターソングの収録お疲れ様でした!
まず、ミニドラマで“まどか”というキャラを演じたご感想をお聞かせください!

“まどか”というキャラクターは、月猫座の座長さんという存在なので、「ちゃんとみんなを引っ張っていこう!」という風に最初は思ってたんですけど、わりと、のんびりというかどこか抜けているところがあるというキャラクターに
だんだんと育っていっているような気がします。
なので、「え!それは私に対しての“当て書き”なのかな」っていうのを思いながらドキドキして演じています。

■ “まどか”役として歌っていただきました「JUMP!」について、初めて仮歌を聴いていただいた時の
ご感想をお願い致します!

「JUMP!」は、とってもアクティブで楽しい歌ですね。
私が今までに歌わせていただいたものとはまた違う路線の歌だったというのもあって、
「おぉ!この系統でくるとは!」なんて思ったりしながら聴いてました。
眉山イベントでの一番最初のお披露目の時に、皆さんの前で歌ったんですけども、すごくライブでのりやすい曲だなっていう印象をうけました。

■ 「JUMP!」の曲中の好きなフレーズなどありましたらお教えください!

私の一番好きなフレーズは、Dメロで「wait for me, wait for me … 焦らないで」の後に
「あ・あ・あ」と “あ” を3回重ねるってのがエロくていいなと、
「これ、うまく歌えたらかっこいいな!」って思いながら歌ってました。
なんか大人の女性っぽい歌ですよね、すごく。
歌うのは“まどか”なので、やっぱり少し抜けてはいるんですけど、リーダーというとてもかっこいいところも残しながら、
“まどか” を表現できたらいいな、なんて思ってました。

■ 次に、つきねこ4人で歌っていただいた「Refrain」について、仮歌を聴いていただいた時の
ご感想をお願い致します!

私は、わりかしキーが高いタイプの人間でしたので、サビはとっても歌いやすかったです。
けど、Aメロがとても低かったので、どういうふうに表現しようかな、なんて試行錯誤していました。
ただ、何度も何度もいろんなところで歌ったりしているうちにすごく自分の肌になじんできて、
やっぱりサビが覚えやすいというのはすごくいいですよね!
まだ一回しか聴いたことがないっていう方でもなんとなく一緒に歌える曲になってます。
私達と一緒に皆も歌える歌が、つきねこの代表曲になっているというのが嬉しいなって思いました。

■ 「Refrain」の聴きどころを教えてください!

聴きどころはやっぱりあれですね、サビの「You&Me」です。
振り付けもあるので、これはDVDを買ったら見れたりすると思います。
そんなに難しい英語でもないので、ここを皆さんも一緒に覚えてほしいなと思います。

■ ドラマ+音楽CD「つきねこ」が発売されますが、今後の「つきねこ」プロジェクトとして
期待している展開がございましたらおきかせください!

自分が想像しているより遥かに展開が進んでいてですね、自分の脳の方が追いつけていないっていうのが現状ですw。「月猫座」としてCDとかももちろん出させてはもらってるんですけど、劇団員っていう性質上、
私達の…「つきねこ」の劇団員が別の作品を演じるっていうこととかも、だんだん始まってきているような感じもあるので、
それがすごく面白いなって思ってます。
もちろん“まどか”を演じてる私が根本にはあるんですけど、そこからまた“まどか”さんが演じてる誰かとか、
そういうふうにどんどん世界が広がってって、果ては本当にそれが代表作といわれるまでのものに
成長していけたらいいな、なんて思ってます。

■ 「つきねこ」を聴いていただきたいファンの皆様にメッセージをお願いします!

まずは、つきねこ初期メンバーである女の子4人が集まって歌を歌ったりお芝居をしたり、
劇団員の日常なんかを繰り広げてはいますが、「月猫座」自体がどんどん大きくなっておりまして、
キャラクターもどんどん増えてきています。
ひょっとしたら今これを見ている聴いているあなたも「月猫座」に入るときがくるかもしれないです、正直な話。
なのでそれは本当に夢物語ではないな、なんて思うときもあるので・・・。
アリですよね?視聴者の方をゲストとして招き入れるみたいなの。あっても面白いかなって。

■ そうですね。実際、今回のフラッシュアニメで登場した劇団員のキャラが言っていたセリフは、
眉山イベントの時に会った方をモデルにしたそうです。

なるほど!でも本当にそうですよね。
一ヶ月だけ臨時で来た劇団員の役を募集しますとか、
私達と一緒にアフレコやったりとかもできるかもしれない。
もちろん聴き手の方も楽しめるようにしたいと思いますし、ひょっとしたら、望めば叶うっていうのが
この「つきねこ」のすごいところでもあるので、一緒に、もっとこういうのを作ってみたらどうだろうっていう
アイディアのある方はラジオの方にどしどしお便りください!
子供がそのまま大人になったような人達にスタッフの目がとまりましたら、即採用!ってことになるかもしれませんので、
ぜひ一度興味をもって覗いてくださったら嬉しいなと思います!

tuki_rec_ima 

□  ドラマ+音楽CD「つきねこ」
「つきねこ」収録後インタビュー 喜多村英梨さん
「つきねこ」収録後インタビュー 阿久津加菜さん
  「つきねこ」収録後インタビュー 五十嵐裕美さん

コメントは受け付けていません。