ホーム > 収録レポート > 【つきねこ】つきねこラジオ!ソワレ第1・2回放送後のインタビュー

【つきねこ】つきねこラジオ!ソワレ第1・2回放送後のインタビュー

2009 年 11 月 29 日 16 時 00 分

こんにちはベニーです。

11月21日(土)~配信されております
『五十嵐と越田と桑門のつきねこラジオ!ver.ソワレ』
第1・2回放送後のインタビューを掲載します!

≪メインパーソナリティ≫ 五十嵐裕美さま / 越田直樹さま / 桑門そらさま

------------------
五十嵐裕美さま(以下、五十嵐) 越田直樹さま(以下、越田) 桑門そらさま(以下、桑門)
※ 敬称略させていただきます

■ 三人のラジオ「つきねこラジオver.ソワレ」が始まりました。
収録を終えてのお互いの印象を教えてください!
では、まずは五十嵐さんの印象をそれぞれお願い致します!

桑門:
初めて会ったときは、「ちっちゃくてふわふわしていていい子だなぁ」と思ってたんですけど、今の時点での感想は・・・・・・「この、チビがー(小声で)」って感じです。

五十嵐:
今、「チビがー」て言った?!

桑門:
「このクルクルパーマチビがー」

五十嵐:
君(桑門そらさん)も、いつもクルクルパーマだからね。

桑門:
被っちゃったから、先輩、おかんむり。

越田:
できるだけ被らないようにしようw

五十嵐:
ごめんね。凹凸で。

桑門:
デコ。

五十嵐:
ボコでw

越田:
俺の五十嵐さんをみての印象は、小学生の身長ぐらいだから小さい子っていうイメージがあった。
「子供が迷い込んできたのかな?」って。

五十嵐:
でもさ、そらってぃー(桑門そらさん)とそんなに身長変わんないよね?

桑門:
私は158センチ。

越田:
(五十嵐さんは)132センチでしょ?

五十嵐:
151センチあるもん!151.5くらいあるもん!

越田:
そんな感じで、「小さい子が迷い込んできたな」と、「箱入り娘なのかな」と。

五十嵐:
そうですね。

越田:
なので、どんだけボコボコにしてやろうかなーとw

桑門:
実際は?

越田:
ボコボコにされちゃったんだよねw

一同:
はっはっはっは!

■ ありがとうございます!では桑門そらさんの印象をお願い致します!

五十嵐:
私、そらちゃん(桑門そらさん)のことは、「清く正しく美しく」共演してたのでどんな感じの人か知ってました。

桑門:
そうそう。

五十嵐:
あとは、市来さんが出てる舞台「きんとと」を観に行ったときに、偶然会いまして。

桑門:
「あー!(五十嵐さんだ)」って思った、あの時は!

五十嵐:
今後も接点ないのかなぁと思っていたら、一緒にラジオをやることになるとは…!

桑門:
ね!

五十嵐:
そらってぃーは、声が面白い人だよね。でも、協力してラジオ進められる人かと思いきや、意外と敵w。
そして、越田君は、とりあえず今はつぶす人w。

越田:
要するに敵だらけのラジオってことなのね。

五十嵐:
四面楚歌のラジオ。
実はつぶしあいラジオですw

桑門:
フフフ(笑)

■ ありがとうございます!では越田直樹さんの印象をお願い致します!

五十嵐:
越田君の印象が全くなくて。「いたっけー??誰?越田って。私、会ったことないです。」っていう勢い。

越田:
ひどい話だよねー

桑門:
あははは!
でも越田くんも思いっきり、「(五十嵐さんとは)会ったことないッスよー」って言ってたよ。

一同:
ハハハハ(笑)

五十嵐:
まったくお互いの印象がないんですね。

桑門:
共演したのに。越田君のイイ声のせいで、みんな誤魔化されてるけど、本人かなり記憶が曖昧なの。

五十嵐:
私もだいぶ記憶が曖昧だけど・・・。

五十嵐:
若干、はたから見ればそらちゃんが天然だけど、実際は越田くんが一番天然だよね。

■ 今回の聴きどころを教えてください!

越田:
結果今の段階だと俺らが楽しんでるっていうレベルにしかなってないから、単純に俺らバカ笑いしてるっていうだけの…。

桑門:
でもね、やってる人が楽しいっていうのは、一番大事なことですよね?

五十嵐:
楽しかった!面白かったね!テンションあがるし、すっごい疲れたもん。

越田:
収録中は熱いもんね。

桑門:
すっごい発汗した。

五十嵐:
変な汗でた!越田君は変な汁出てたw

桑門:
「越田くんは変な汁が出た」と言ってました。これは太文字で書いてください。

越田:
うん。今度瓦割るときには、上にタオルをひいてからね。
(※ラジオ収録中、越田君は瓦を割りました)

桑門:
そうだね。教えてくれれば良かったのにね。

五十嵐:
「いやぁ、知ってたんだけどさー」ってプロデューサーさん言ってたよ。私も知ってたけど。

越田:
言えよ!w

桑門:
第1回目から越田くんはおいしい、おいしい。

越田:
体はったよ、もーぅ。

五十嵐:
越田君が瓦割ってる様子はね、きっとダイスのホームページにも載るだろうと思います。

■ 最後に、ラジオを聴いていただくリスナーの皆様にメッセージをお願い致します!

桑門:
凸(五十嵐裕美さん)凹(桑門そらさん)コンビに対しての愛のメッセージを熱く募集します!

五十嵐:
激励を、凸凹コンビにお願いします!

越田:
なんで俺いないことになってるの?

五十嵐&桑門:
フフフ!

越田:
おかしいだろ!

桑門:
越田くんのことは全力でつぶしていこうw
じゃあ、聴いててお腹がよじれるくらい、皆さんを大笑いさせることができる番組をこれからも…

五十嵐:
なんで、そんなに自らハードルをあげたの?

桑門:
えっ!?だってさ、今回は私達のお腹がよじれたわけだし…。
私達のお腹がよじれる様を見せていくラジオっていうのは?

五十嵐:
いいね!

越田:
俺ららしさが出てる番組で、視聴者の人がちゃんと笑ってくれたりとかすればいいな、という話ですよね。
っていう感じでこれからも頑張っていきたいと思います!

桑門:
同時期に始まった他のラジオ番組チームに負けないように頑張りたいです!
それと、あんまり下ネタに走らないように頑張ろうね。

五十嵐:
難しいね。皆下ネタ大好きだし、何気にそれが三人唯一の共通点w

越田:
これから頑張っていきましょう!

五十嵐&桑門:
おー!

■ ありがとうございました!

burogu_soware1

DNEメディアステーション
『五十嵐と越田と桑門のつきねこラジオ!ver.ソワレ』
ドラマ+音楽CD「つきねこ」

コメントは受け付けていません。