ホーム > 収録レポート > 【つきねこ】つきねこラジオ!マチネ第1・2回放送後のインタビュー

【つきねこ】つきねこラジオ!マチネ第1・2回放送後のインタビュー

2009 年 11 月 29 日 00 時 11 分

こんにちはベニーです。

11月19日(木)~配信されております
『市来と阿久津と山本のつきねこラジオ!ver.マチネ』
第1・2回放送後のインタビューを掲載します!

≪メインパーソナリティ≫ 市来光弘さま / 阿久津加菜さま / 山本綾さま

------------------
市来光弘さま(以下、市来)  阿久津加菜さま(以下、阿久津)  山本綾さま(以下、山本)
※ 敬称略させていただきます

■ 3人のラジオ「つきねこラジオver.マチネ」が始まりました。お互いの印象を教えてくだい。
まずは、阿久津さんの印象をそれぞれお願い致します!

市来:
小悪魔的な、腹黒いキャラっていうのもあながち間違っちゃないかな。

阿久津:
嘘だね!

市来:
すごい面白い要素を秘めている人だなと、今日収録してて思いました。

阿久津:
出していかなきゃいけないのに…秘めちゃってたんだね!

市来:
これからだ。ラジオ1回、2回じゃまだ全部引き出せないでしょ?

阿久津:
そうだよ、これからだよね!

山本:
阿久津さんは、私が「あっ」と戸惑った時にすかさず、サッとフォローに入っていただいたりしてたので、
一緒に話をしてて、すごいなぁと。阿久津さんと一緒に組ませていただいてよかったなーと思いました。

阿久津:
公開処刑だね。恥ずかしいよ。

市来:
阿久津さんで良かったですよ。ねー!

山本:
ねー!

阿久津:
ありがとうございます。ありがとうございます、はい。

■ ありがとうございます!ではラジオ初体験の山本さんの印象をそれぞれお願い致します!

阿久津:
私が初めてラジオをやらせていただいたときは、話を聞いてるだけで言葉に出してなかったり、ただ笑ってるだけとか、
私はわりとそうなっちゃってたんですけど、彩ちゃんは堂々としていました。
物怖じせず、すごい突っ込んでくるし、いっちゃん(市来光弘さん)に対してもズバズバ言っちゃったり…

山本:
えぇぇ!いや、そんなw

阿久津:
本当に堂々としているなっていうのが最初の印象です。
これからどんどん、いっぱい面白いのを出していただきたいなー“ニヤニヤ”って思ってます。

山本:
頑張ります。

市来:
山本さんの基本的な印象は、真面目というかキリッとしたような感じです。
時々出る冷たい一言とか、あれは面白いなと思います。
我々二人のような中にこの子がいるっていうのは良い事なんじゃないかなと思います。

山本:
ありがとうございます。

市来:
これからが本当に楽しみです。

阿久津:
うん、楽しみ!

■ ありがとうございます!では市来さんの印象をそれぞれお願い致します!

山本:
市来さんはポンってネタを落としてくれるんですが、私は本当にラジオが初めてだったので、
どうしたらいいんだろうみたいな、ワタワタしてたんですけども、ポッっと入るきっかけを出してもらったり…。
市来さんと阿久津さんが、引っ張って、背中を押してくださったので、良かったです。
市来さんは頼りになるお兄さんです!

市来:
もったいないことです。

山本:
とんでもないです。

阿久津:
そうですねぇ、ラジオを聴いてくださった方は分かると思うんですけど、突然違うキャラがポンッと出てくるので、
それが面白い!
こっちが変なこと言うと、それに合わせてキャラが誕生して。
今回、ラジオを2回録った中でも2、3個出来たんじゃないかなってくらい突然キャラが出てきましたね。
想像もつかないことを突然やるので、すごい面白いし、空気がガラっと変わって話が進みやすくなったりね。
そんな空気を作ってくれる、引っ張ってくれる方だなと思って、とてもやりやすいなと思っています。

市来:
しっかりとしたコメントをいただけて、すごい・・・それに感動した。

■ 最後に、リスナーの方にメッセージを一言ずつ阿久津さんからお願い致します!

阿久津:
マチネ第1回ということで3人で話すのが初めてだし、極端に言ってしまえば、
顔を合わせるのも初めてな3人がラジオをやっています。
まだ聴いてない方は、どんなものができあがってるのかっていうのを楽しみにしながら
再生ボタンを押していただけたらなと思います。
わりとテンション高かったりでも、そこを綾ちゃんがスラッと落ち着いた風を吹かせてくれたり、
いっちゃんが新しいキャラを出してくれたり…、一つの番組の中で何回もテンポが変わってるので聴きやすいと思います。
で、私、阿久津はですね。わりと素の阿久津というか、猫を被らないというか、気兼ねなくお二人とお話ができたので、
そういう阿久津の部分を聴いていただければなと思います。
つきねこラジオマチネ1回目、2回目と、これからもどんどん続いていくと思いますので、楽しみにしていてください!
ありがとうございました!

■ ありがとうございます!では山本さんお願い致します!

山本:
本当に面白くて、素で笑ちゃったとこなどあるので、いろんな面で楽しでいただけるラジオになったんじゃないかなと
本当に思います。
私、個人でいうとものすごく猫かぶりなので…

市来&阿久津:
えぇー!

山本:
ちょっとずつ回を重ねるごとに皮をやぶっていこうかな、なんて。

市来:
そんなに猫かぶりちゃんじゃなかったよ。

阿久津:
ねーw
そういうの聞くと掘り下げたくなっちゃうよね!

市来:
どんなことになっちゃうんだろう。

山本:
これからこのラジオどうなっちゃうんだろうっていうのを楽しみに、聴いていただきたいと思います。よろしくお願いします!

■ ありがとうございます!では、最後に市来さん、締めてください!

市来:
フッ!

阿久津:
フフ!

市来:
初対面の方々と3人でラジオっていうのにはすごいビックリしました。
もちろんまだまだこれからっていうものあるんですけど、最初にしては阿久津さんもさっき言ったように、
素でやっていけることがいっぱいあったり、猫をあんまり被らず、
最初にしてはなかなか楽しめたかな、個人的には。

阿久津:
本当にそう思ってるんですかw
お腹が痛くて、トーンが低くなってるんですか?

市来:
ああ、お腹は痛い、本当に痛い。今ゴロゴロって…。

阿久津:
ねー。音聞こえたし、心配。

市来:
でもトーンの低さは今、考えながらしゃべてるからこうなっちゃうの。ごめんね。

阿久津:
そっか!なら良かったです。

市来:
心配かけたね、大丈夫だよ。…えーとどこまで言ったのかな…。

山本:
あはは!

阿久津:
すみません。

市来:
探り探りにならず、うまくできたと思います。でも、山本さんはね、ちょっと猫被ってたらしいので…。

阿久津:
らしいからねー。

山本:
フフ!

市来:
我々が山本さんの皮をはぐ番組に今後なっていくかな?

阿久津:
はい。

山本:
ぇえ!w

市来:
山本さんの化けの皮をはがれたところを是非、楽しみにしていただければと思います。
今後ともよろしくお願いします!どうもありがとうございました!

■ ありがとうございました!

int_mati_0102

 

DNEメディアステーション
『市来と阿久津と山本のつきねこラジオ!ver.マチネ』
ドラマ+音楽CD「つきねこ」

コメントは受け付けていません。