ホーム > 収録レポート > 【きらきら】きらきらステーション!第3回、第4回放送後のインタビュー

【きらきら】きらきらステーション!第3回、第4回放送後のインタビュー

2009 年 12 月 4 日 16 時 00 分

こんにちはベニーです。

11月5日(木)~12月3日(木)まで 、DNEメディアステーションにて配信されました
『沖佳苗と菊池こころのきらきらステーション!』第3・4回放送後のインタビューを掲載します!

≪メインパーソナリティ≫ 沖佳苗さま / 菊池こころさま
————————————–
沖佳苗さま(以下、沖)  菊池こころさま(以下、菊池)
※ 敬称略させていただきます。

■ 「きらきらステーション!」第3回と第4回の収録お疲れ様でした!
収録自体が久しぶりだったのですが、どうでした?

沖:
めっちゃ楽しくできました。前回よりも!
仲良くなってきてるのでいろんなことが話せるようになってるなって思いました。

■ 菊池さんはいかがですか?

菊池:
そうですね。私もそう思います。でも慣れてくると勢いだけじゃさすがにやってはいけないというか、
本当に自分たちの腕にかかってくるんで、そこにさしかかってきたな…どうしようっていう思いが沸いてきましたね。

■ 第3回放送時の“アムールなみえ”さんというペンネームにハマるという、まさかの事態が起こりましたね。

菊池:
すいませんでした、本当に(笑)。

沖:
すごい面白かった!でもほんと笑いのツボってどこにあるかわかんないですよね。

菊池:
わかんない!
キラキラ検定のコーナーで頂いたネタで「50メートル走の時の好きな子の顔がすごいブサイクだった」っていうのも
ツボにハマりました!!(笑)

■ いろいろとコーナーをやりましたけど、こころさんの「こころの一人っ子ワールド」はどうでしたか?

菊池:
まあ、あのコーナーは、多分…陰りを…見せ始めてますね…(笑)。

沖:
私、昨日寝ながら考えてたことがあるんですけど、夢の中で。

菊池:
…夢の中で!?

沖:
フッっ!てきたんですよ!これだ!と、思って!“ツッコミ”を募集したいなって!
ツッコミのセリフ、たとえば、「おい!」みたいな、変な擬音!?を、募集したい!

菊池:
どういうこと!? 擬音って、「ピロリン♪」とかそういうのじゃないの!?

沖:
そうそうそうそう!なんでかって言うと、普段からちょいちょい使っていきたいなって思って。

菊池:
意味が全然わかんない(笑)

沖:
その(ツッコミの)言葉を…使っていきたいんですよ。「おい!」だと、ありきたりですけど…

■ ツッコミのフレーズみたいなことですか?

沖:
はい。もう、なんでも!特に「擬音」がいいってことです!

菊池:
じゃあ、そこまで言うなら、「こころの一人っ子ワールド」を寝かせて…
(ツッコミ募集のコーナーの追加を)お願いいたします!

沖:
いいんですか!?

菊池:
はい、お願いいたします。
もう新しいコーナーに行きましょう…盛り上がるんでしたら是非…w

沖:
「佳苗のこだわり」とかも、その内…

菊池:
いや!こだわりはダメだよ!こだわりは残そう!
こだわりはこだわっていこう!

沖:
あ、ダメですか。でもそうだね。みんなが送ってくれてるからね!
こだわることにこだわります。

■ 収録の時以外でも、沖さんと菊池さんが結構仲良くされてるとお聞きしました。
前に、沖さんがおススメされていた吉祥寺で買える「高知のヨーグルト」、結局あの後どうなりましたか?

沖:
あー!そうそうそう!そう!忘れてたっていうか長くなっちゃうからラジオの収録では喋らなかったんです。
ヨーグルト、今日買いに行ったんですよ。

菊池:
わざわざ朝、吉祥寺まで行ってくれたんです。

沖:
でも、行ったら、なかったんですよ!「売り切れ!」って言われて。
で、しょうがないから同じ会社で作ってるヨーグルトを買ってきました。
私の故郷・高知県の名産で“ぶんたん”っていう大きいみかんがあるんですけど、それのヨーグルト、
上部分が“ぶんたん”味のゼリーになっていて、その下にヨーグルトがあるんです。

菊池:
めちゃくちゃおいしかったです。あれはすごい!

沖:
ほんとに!? 嬉しいです! 

菊池:
おいしかった。二層の下の一層(ヨーグルト部分)を食べたときによくわかった!

沖:
ほんとに、すごくおいしいヨーグルトなんです。
あと高地には『ごっくん馬路村』ってのもあるんですけど、これも本当においしいです!

菊池:
えっそれは何?ヨーグルト!?

沖:
いや、柚子ドリンク。柚子100%みたい。

菊池:
えー!すごいおいしそう!

沖:
あ、柚子とハチミツ、だった。100%じゃないw。
でも、それはビンの容器に入ってるんで『ごっくん馬路村』はご自由に…

菊池:
ご自由に?w

沖:
是非、皆さん(ご自由に)飲んで下さい!

■ では最後にリスナーの方に一言ずつ沖さんからメッセージをお願い致します!

沖:
ラジオに慣れてきたのと二人が仲良くなってきたということもあって、いろいろと自分に余裕が出てきました。
もっと面白いことができそうな気もするんで、皆さんと一緒にもっと楽しい番組にしたいなって思ってます。
是非ついて来てください!

■ ありがとうございました!では、菊池さんお願い致します!

菊池:
まだラジオが始まって3回・4回目なんで、何か掴みかけてきてるよーな、かけてないよーなところです。
頑張って面白い番組にしたいので是非これからも聴いていただきたいですね。

沖:
あっあっ!“きらきらくん”!なんとかしましょう!
『きらきらくん』ね、ストーリーを考えたりとか。
きらきら星の生物コレクションみたいにすればいいんじゃないですか?

菊池:
生物コレクション!?

沖:
01~100番、みたいな(笑)。

一同:
あはははは!

■ ありがとうございました!

burogu_kiraintabyu3_4base

DNEメディアステーション
「沖佳苗と菊池こころのきらきらステーション!」

コメントは受け付けていません。