ホーム > 収録レポート > 【きらきら】きらきらステーション!プレビュー回収録時のインタビュー

【きらきら】きらきらステーション!プレビュー回収録時のインタビュー

2009 年 10 月 6 日 18 時 00 分

こんにちは、ベニーです。

9月20日(日)~10月8日(木)までDNEメディアステーションで配信されていました
『沖佳苗と菊池こころのきらきらステーション!』プレビュー収録後のインタビューを掲載いたします!

【メインパーソナリティ】
 沖佳苗 さま
 菊池こころ さま
—————————————————————
沖佳苗さま(以下、沖) 菊池こころさま(以下、菊池) 
※敬称略させていただきます

■ プレビュー回の収録お疲れ様でした!では、
初めてラジオのメインパーソナリティに挑戦されましたご感想をお願いします!

菊池:
汗びっしょりです。。すごいです!

沖:
インタビュー始まって早々「汗すごい」は、女子としてどうなんですか(笑)。

菊池:
女子だってことを忘れてましたw

沖:
私は、まずはひと段落、という感じです。
初めて今日ラジオをやってみて、まだまだいろいろできるなって思いました。
次回に活かせることをたくさん見つけました。次はもっと楽しくできると思います!

■ 今回、お互いの呼び名を「カナディーヌ」と「ココロンヌ」と呼ばれていましたが、これは即興で決められたんですか?

菊池:
いえ。私は本当にここ最近は、寝る前に考えて、朝起きて考えて、トイレに行って考えて…
ずっと沖さんのことばかり考えてましたw

沖:
私は「こころちゃん」って呼ぼうって決めてたら、
こころちゃんから、嫌!wってさっき言われてしまったので、即興で「ココロンヌ」に決めました。
途中、「こころんこ」とも言ってみたんですが、語呂が悪かったので「ココロンヌ」にしました。

■ では、次回から菊池さんは「ココロンヌ」。沖さんは「カナディーヌ」で、名前は確定ですか?

菊池:
あっ、でも分かんないです。
また寝る前に考えるのでw

沖:
いつまでも?w

菊池:
ふふふw

■ 今回のラジオで台本にも書かれてあったと思います。
会社から用意された試練の一環ということで始まった『きらきらステーション』なんですが、
今回のプレビュー放送で一番難しかった試練だと思ったのはどのコーナーですか?

菊池:
コーナーというよりも、コーナーの締めが私は難しかったです。
次に話を進めなくちゃと思うんですけど、どうやってまとめてから次にいったらいいんだろうと…。
いきなり会話を切ったらおかしいし、でもこのままずっとしゃべり続けると時間がきちゃうし、って。
どうしようどうしようどうしようっていう思いがありましたねw

沖:
お互い、今困ってる!みたいな空気が…w

菊池:
そう。一番難しかったのはトークの終わらし方ですね。

■ 沖さんは、どのへんが難しかったですか?

沖:
やっぱり、コーナーというよりも、話の進め方、締め方、オチのつけ方とか
そういうところがやっぱりまだまだだなっていう感じがしました。

■「KISS YOU WOW WOW」というコーナーは、際どいセリフが多くて、
聴いているリスナーさんはドキドキしてしまうようなコーナーですよね!

菊池:
ドキドキしてくださっていたらいいんですけどねw

沖:
そうですねw

菊池:
リスナーさんたちが、私たちのトークをひやひらしながら聴いていたらどうしようかと思います。
これ大丈夫かのなって。

沖:
あはははははは!

菊池:
ひやひやステーションになっちゃう。
いや、でもこのコーナーはちょっと照れますね。
照れちゃいけないんですけど、照れたら聴いてる方も照れてしまうんで。

沖:
でも、そういう雰囲気をリスナーさんも一緒に楽しんでくれればいいなと思いました。
私たちがちょっと恥ずかしいなって思ってるところとか、照れてるとか、ひやひやするとか…
この子たち大丈夫なの?っていろんな思いで見守ってくれてたら嬉しいなと思います。今後の行く末を。

菊池:
そうだね!必ず、ドキドキ…させます!

沖:
いろんな意味でねw

■ 他にこんなコーナーやりたいというコーナーがありますか?

沖:
こころさんと一緒に話してたんですけど、ロケとかしたいなって。バスケとか。。
そういうアクティブな体当たり的なことがやれたらいいなって思ってます。

■ バッティングセンターに行こうかっていう話が前回の企画会議で出てきましたね。

沖:
こころさんが打ってる間、私がレポートするみたいな、ラジオでもちゃんと成り立つように頑張ったり。

菊池:
レポートもできるように今から構えます!

沖:
できるようになりたいですねw

■ 今日ラジオを収録してみてお互いの印象は変わりましたか?

菊池:
話しやすい!って思いました。

沖:
本当ですか?!超うれしい!!

菊池:
前回の企画会議のときは、初対面の印象を聞かれて「話しかけにくいです(笑)」なんて言っちゃったんですけど…。

沖:
あはははは!そうですね!

菊池:
収録始まってみたら、私が自由に笑ってても、私のこと適当にほっといてくれるんで、
悪い意味でじゃなく、愛のある感じに接してくれてたのでやりやすいなぁと思いました。
トーク中、助けてくれてるのもすごく分かったし。

沖:
いやいやいやw

菊池:
そんなことないってw

沖:
私も緊張しぃなんですごい助けてもらっちゃった。

菊池:
助けてないよ。何も助けてないw

沖:
私!今、二人のキャッチコピーが浮かびました!

菊池:
何?w

沖:
“ネガティブなアクティブ”!

菊池:
ヤダ!私はネガティブじゃないもん、ポジティブだもん!

一同:
あはははははは!!

沖:
私、結構引っ込み思案なんですよ。

菊池:
私も引っ込み思案…。

沖:
でも本当はアクティブなことをしたいって常々思っている引っ込み思案なんです。

菊池:
なるほど!それ全然違うじゃん!ネガティブと違う。

■ キャッチコピー「引っ込み思案のアクティブ」で、いいんじゃないでしょうか?w

沖:
そうそうそう!それがいいです!ふふふw

菊池:
適当だな~w

■ 最後に、プレビュー放送が配信されましたが、聴いてくださるリスナーの皆様にメッセージをお願いします!菊池さんからお願いします!

菊池:
聴いてくださる方がいるからラジオが成立するので、
私たちもたくさんの感謝の気持ちを込めてラジオをしたいなって思います。
そのためには自分たちのスキルをあげていかないといけないですね。
少しでも菊池さんてこんな人なんだな、面白いなって思ってくだされば嬉しいです。
もうあんまり聴きたくないなって思われないようにしたいです。

沖:
あははは!最後、ネガティブだよw

菊池:
!!
ポジティブ!に、頑張ります!

■ では、沖さんからも、リスナーの皆様にメッセージをお願いします!

沖:
今日、プレビュー収録をしてみましたが、まだまだ未知数ですよね。
どういう方向にいくのかわからないけど、一緒に作り上げていこう!みたいな
そういう番組になればいいなと思います。
リスナーの皆さんと一緒に、
怒って、笑って、恥ずかしがって…ひやひやしたいですw。宜しくお願いします!

■ ありがとうございました!

DNEメディアステーション
「沖佳苗と菊池こころのきらきらステーション!」

コメントは受け付けていません。