ホーム > 収録レポート > 【つきねこ】『つきねこ3』収録後の市来光弘さん&森谷里美さんインタビュー

【つきねこ】『つきねこ3』収録後の市来光弘さん&森谷里美さんインタビュー

2011 年 10 月 6 日 08 時 00 分

おはようございます、ダイコです。

「マチ★アソビ vol.7」先行発売の『つきねこ3』
6日連続公開の、出演者さん収録後インタビュー第5弾は
サトシ役の市来光弘さんと、しのぶ役の森谷里美さんです。

 

【サトシ役・市来光弘さんインタビュー】

■1年3ヵ月ぶりの『つきねこ』CD、収録のご感想をお願いします。

約1年ぶりということで、まず収録が決まった時にやったことは、『つきねこ』CDのドラマを
聞き直すということでした。僕のやったサトシというキャラクターは、ほぼ自分に近い役だったんですけれど、
WEBラジオでたまにキャラクターで質問に答えるコーナーがあって、それをやるたびに
サトシというキャラがよくわからなくなってました。今回の収録は以前のドラマを聴き直してから、
挑ませていただきましたので、WEBラジオの時みたいに迷ってはないと思います。
僕なりにちゃんとサトシを演じられたかなと思っております。

■今回のCDではリスナーキャラクターが登場したり、リスナーさんが出演したりしていますが、
こういったリスナー参加型企画についてのご感想をお願いします。

少なくとも僕が今まで生きてきた中でこういう企画を行っているのは初めてだったので、驚愕、
そして「『つきねこ』ならおかしくないか」、「流石『つきねこ』だぜ!」って思いましたね。
とりあえず面白いことをやろうという『つきねこ』だから許されるところがあるので、
今後またこういう企画があれば面白いんじゃないかと思います。

■ゲストキャラが多い本作。一番印象に残ったキャラクターと、その理由をお願いします。

猫三匹! やっている方がやっている方ですから、強烈でしたね。
内容も内容で、芝居についてのダメだしを猫達がしている、しかもその猫をやっている方々ときたらもう、みたいな。
こういう話があったら面白いよね、ははは~みたいな感じで始まったんで、これがまさか本当になるとは
思わなかったですね。10年以上前、自分が声優を目指していた頃からバリバリ活躍していらっしゃる、
先輩の一言で片づけていいのかもわからないくらいの方々と共演するのは、嬉しいです。
一対一でがっつり会話をしている感じではないですけど、同じ作品に出させてもらって、
ブックレットにも一緒に名前が載ったりするわけですからね。
この作品に限らず、そういった方達と現場でご一緒できるっているのは、感慨深いものがありますね。

■発売を楽しみにしているリスナーさん達へ一言。

約1年ぶり、徳島で先行発売される『つきねこ 3』。待っている方々もいっぱいいらっしゃると思いますし、
今回で『つきねこ』を知って下さる方もきっといると思います。
ぜひとも『つきねこ 3』を楽しみにしていただければなと思います。ドラマだけでなく新曲も何曲か入っていまして、
これがまたいい曲だったり、ちょっと面白かったりするので、ぜひとも聞いていただきたいですね。
ドラマと併せて、よろしくお願いします。

DSC_0038

 

【しのぶ役・森谷里美さんインタビュー】

■1年3ヵ月ぶりの『つきねこ』CD、収録のご感想をお願いします。

いつもはほとんど喋らなくて、いるのかいないのかわからないしのぶが、今回はいっぱい色んな言葉を喋っていました。
あまり使い慣れていない言葉、「舞台」「劇団」に対する専門的な言葉があったりして、
自分は本当に言葉を知らないなと再認識しました。でもあまり喋らず目立たない存在だったしのぶが、
今回は制作をやっているということで、なんとか活躍してたんじゃないかと思います。
みんなとわいわいやれたと思うので、楽しみつつも何か感じてもらえたら嬉しいなと思います。ありがとうございます。

■今回のCDではリスナーキャラクターが登場したり、リスナーさんが出演したりしていますが、
こういったリスナー参加型企画についてのご感想をお願いします。

最初はスタジオに慣れてない方だし、収録の時に音を立てないようにとか、
ページをめくるタイミングとかのルールがあるから、気にかけないとなと思ってたんですけど、
自分のセリフ量が多かったというのもあって、あんまり変に意識してなかったです。
芝居をやってらっしゃるところを見ていても、緊張でどうしたらいいかわからないという感じじゃなくて、
凄く楽しくやってらっしゃるように感じましたし、すごくいい風に芝居をしていたので、
だったらスカイバートさん役をご本人でやったら面白いものができたんじゃないかなって思いました。
またこういう機会があったら、是非リスナーさんにもたくさん喋ってもらったりしたら楽しいんじゃないかなと思いました。

■ゲストキャラが多い本作。一番印象に残ったキャラクターと、その理由をお願いします。

ゆくゆくはこんな話もできたら面白いよねみたいな話は聞いていたんですけど、
こういったキャスティングになるとは思わなかったなという部分がありつつ、
今納谷先生とは週一くらいで稽古でお会いして、掛け合いとかもやったりしてたお陰で、
気持ち的には臆しないでできた……かな。でも私は直接の絡みはありません。
猫役なので「にゃー」というセリフだけが書いてあるわけですよ、台本には。
でもやっぱり皆さん流れとか心情とかをふんだんに入れて下さって、すごく愛らしい猫になったな、
やっぱりすごいなって本当に勉強になりました。

■発売を楽しみにしているリスナーさん達へ一言。

約1年ぶりにドラマと新曲をたくさん入れた『つきねこ 3』が、10月の「マチ★アソビ vol.7」で発売されます。
収録は楽しく、みんなといつも通りにやってきました。ゲストの方もたくさんいらっしゃって、
今までと違った感じのつきねこ座のドタバタストーリーになったのではないかと思います。
是非何度も何度も聴いて下さい。
マチアソビではつきねこメンバーのライブも出来ると思いますので、その時には一緒に歌って盛り上がって下さい。

DSC_0016

 

 

 

『つきねこ3』収録後の納谷六朗さん&谷育子さん&新垣樽助さんインタビュー
『つきねこ3』収録後の越田直樹さん&桑門そらさんインタビュー
『つきねこ3』収録後の阿久津加菜さん&五十嵐裕美さんインタビュー
『つきねこ3』収録後の今井麻美さん&喜多村英梨さんインタビュー
『つきねこ3』&『町長選挙』CD情報公開!

コメントは受け付けていません。