ホーム > ご連絡事項 > 【イベント】 「マチ★アソビvol.5 」1日目のイベントレポート

【イベント】 「マチ★アソビvol.5 」1日目のイベントレポート

2011 年 4 月 29 日 13 時 09 分

こんにちわ。
ふるゴンです。

5月3日~5日の「マチ★アソビvol.6」が近付いてまいりましたね!
いつも参加していただけている方も、今回が初めての御参加となる方も
存分にお楽しみいただければと思っております。

前回の「マチ★アソビvol.5」には、
DNEは、1月29日と30日の2日間、参加させていただきました。
お越しくださった皆様、改めてありがとうございました!

思い返せば……アレとか……アレとか……とても色々なことがあった2日間でしたね。

そんな「マチ★アソビvol.5」の1日目を振り返ってみたいと思います。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

キリリと冷えながらも晴天だった1月29日、土曜日。
雪が降るのでは?と噂された天気も杞憂に終わった朝を迎えました。

一部の方面からは”グリーンベレー”と呼ばれている弊社スタッフが、
弊社のブースを迅速なスピードで組み立てて行きます。

そんな時間帯から、お客様がDNEブースを気に掛けて集まってくださいました。

そして、11時から、桑門そらさんと山本綾さんによる「つきねこラジオ」で
DNEのイベントがスタートいたしました!

2人きりでの公開録音は初めてとなる中、久しぶりの人気コーナー「KISS YOU WOW WOW」や
「ラヴマスターの穴」が会場を沸かせました。
朝なのにきわどいワードを連発してしまう桑門さん。
朝からハッスルする2人の声と皆様の笑い声が重なり、一発目のイベントという緊張感の中、
あたたかい時間が流れていました。

そして、イベントはどんどん続いていきます。

11時45分から、M.Tommyと Wataruによる「WRBトークショー」がスタート!
「WRBの真面目組」と紹介されたお二人は、本日先行発売となった
ファーストミニアルバム『GAME』について真面目に語りました。

M.Tommyは、いかに新曲『マタギ』が好きなのかを熱弁し、
Wataruは、アルバムタイトルとなった『GAME』が名付けられた爆笑エピソードを披露。 
最近、私服が注目されているというM.Tommyの知人「森谷里美」さんの話題も。
この日のお二人のファッションチェックが行われ、M.Tommyは、ちょっと見えるボーダーがポイント。
Wataruは、シックスナ……ではなくロックの「69」と書かれたキャップがポイントだということでした。
M.Tommyが「KISS YOU WOW WOW」に挑戦するというシュールな珍場面もありました。

続いて、WRBのバトンを受け取った2人が現れました。

12時15分からは、ShujiとMongjingによる「WRBトークショー 第2部」がスタート! 
「WRBの真面目じゃない方」と紹介されたお二人は、
登場からすでに真面目ではないオーラを放っておりました。
Shujiは真昼間からビールを飲み顔を赤らめて、
Mongjingは真冬だというのにスパッツと裸に皮ジャンのみというスタイルでした。

前日、大阪入りしてリハーサルをするために、
Shujiは生まれて初めて新幹線に乗ったエピソードを披露。
新幹線のチケットを買う時に
「お酒の飲める席で」とオーダーしてしまい、
「どこの席でも飲めます」と言われたそうです。
彼にとってお酒がとても重要だということが分かる微笑ましいエピソードです。
そして、お酒を飲んでいる内に新大阪を過ぎ、新神戸まで行ってしまったらしいです。

寒すぎて終始震え続けていたMongjingは、
お客様からいただいた貼るカイロを肌や乳首にダイレクトに貼って暖を取っていました。
(※Mongjingは特殊な訓練を受けています。良い子は絶対に真似をしないでください。)

DNEイベントでも稀に見るカオス過ぎるトークショーとなりました。

そして、休憩を挟む間もなく

12時35分から、桑門そらさんとMongjingによる
「マチ★アソビVol5 スペシャルトークショー」がスタートしました。
まるで、2人は事前の打ち合わせがあったかのように、お揃いの真っ赤な服で登場!
終始何を言っているのかわからないMongjingと人の心を読むことができる、
桑門さん演じる「バーバラ」のキャラという異種格闘技戦のようなラジオが繰り広げられました。
2人だけが理解できる「???語」で会話が交わされ、
それを桑門さんが翻訳してお客さまに伝えるというインターナショナルな展開が圧巻でした。

最後、Mongjingが「なんでもベスト3」に挑戦することに。

Mongjingが知っている面白い日本語ベスト3は、

第3位「チョメチョメ」
第2位「イン」
第1位「おっぱい」

ということでした。

そして、休憩をはさみ、本日最後のイベントが開催されました。

15時15分から、阿久津加菜さん、森谷里美さん、五十嵐裕美さんによる
「つきねこラジオ」の公開録音が始まりました。
この3人による公開録音もふだん滅多にない貴重な組み合わせです。
タイトルコールの声がぴったり合ったことに興奮する3人。
そんな3人のコンビネーションがさく裂し、会場は爆笑の渦に。
中でも、飛行機で徳島に到着したばかりという五十嵐さんは、

「後乗りしてメンバーの皆に申し訳ないので……テンションをあげていきます!」

という謎の宣言をされて、勇猛果敢なトークを繰り広げてくれました。
「KISS YOU WOW WOW」、「ラヴマスターの穴」では、3人の恥ずかしくも甘いセリフが徳島に響き渡りました。

その他にも、
DNEブースでは、恒例となった”名もなき突発的なトークショー”が行われたり、
つきねことWRBの皆様による”お渡し会”が行われ、ファンの皆様との交流の場となりました。

こうして、明日への期待がさらに膨らみながら、
無事に1日目のイベントが終了しました。

徳島に雪が降ったのは、その夜のことでした。
( ※ 『徳島マチ★アソビ vol.5』 イベントレポートは、2日目に続く……)

<文責・ふるゴン>

 mati5_1   mati5_2_500   mati5_8

mati5_5   mati5_3   mati5_4

mati5_6   mati5_7   mati5_9

 

コメントは受け付けていません。