ホーム > 収録レポート > 【つきねこ】オーディオブック「イン・ザ・プール」収録後の森谷里美さんのインタビュー

【つきねこ】オーディオブック「イン・ザ・プール」収録後の森谷里美さんのインタビュー

2010 年 11 月 13 日 17 時 00 分

こんにちは、ダイコです。

オーディオブック「イン・ザ・プール」の一般発売まで、あと13日!
今回は、「イン・ザ・プール」収録後の森谷里美さんのインタビューを掲載します!

森谷里美さん(以下、森谷)  
※ 敬称略させていただきます。

 

■ お疲れ様でした。

森谷:
お疲れ様でした。

■ まずは、本日の収録の率直な感想をお聞かせ願えますでしょうか。

森谷:
今回「イン・ザ・プール」というお話の台本をいただいた時に、
やっぱり小説なので、すごい量だったんですね。分厚さが。
「ほぁっ!」って思って、自分が演じるところをチェックしてみたら、
やっぱり男性がメインのお話であるということで、少な目な出演という形で
参加させていただいて安心したやらちょっと残念やら。という感じでした(笑)

■ ありがとうございました。
 今回「イン・ザ・プール」という作品のオファーがつきねこ座にあったわけですが、
 初めてその話を聞かれた時はどう思いましたか?

森谷:
これは……正直、ビックリしました!
秋葉原の公開録音の時に初めて知ったんですが、「そういうことってあるんだ!?」って
思いました。改めて「つきねこ」ってすごいと思いました。

■ ありがとうございます。
 では、今回「イン・ザ・プール」という作品を通して、初めて「つきねこ」を
 知ってくださった方々にメッセージをお願いします。

森谷:
私が「つきねこ」でやらせていただいている「しのぶ」という役は、おっとりとした優しい人間なんですけども、
今回「イン・ザ・プール」でやらせていただいたのが主に「マユミ」という役で、ホントに愛想のカケラも無い看護婦でした。
なので、「しのぶ」を知っている方は、その違いを楽しんでいただきたいです。
初めての方は「マユミ」でこの物語を楽しんでいただきつつ、「つきねこ」を聞いていただけると、
また別の私を楽しんでもらえるはずです。

■ ありがとうございます。
 話は変わりますが、10月に控えている徳島マチ★アソビは、
 つきねこメンバーが全員集合ということですが、イベントに参加予定の人や
 参加しようか悩んでいる人に向けてメッセージをお願いします。
 (※ このインタビューは、「マチ★アソビvol.4」前に収録しております。)

森谷:
「つきねこ」の活動は、1番最初が徳島ということで、ちょうど1年が経ちます。
その間に毎月色々なところでイベントをさせていただいて、色んなお客さんに来ていただけるようになってきました。
今回の徳島も、そんな全国各地の皆さまと一緒にイベントを盛り上げていけたらと思っています。
常連の方々とも一緒に徳島で盛り上がりたいです。
ぜひ、遊びに来てください!

■ ありがとうございます。
 では最後に、CDを聞いてくださった方へのメッセージをお願いします。
 まずは「キャラ目線」でお願いします。

 
森谷:
はははははは。
「しのぶさん」目線でファンに一言?(笑)
えーと、そうですね……

しのぶ(森谷):
私の新たな一面を楽しんでください。

■ ありがとうございます。
 では続いて、「森谷さん」目線でお願いします。

森谷:
今回の「イン・ザ・プール」では「つきねこ」の時とは違った雰囲気で芝居をしているので、
ぜひ細かいところにも注目してください。そして、ストーリーを楽しんでください!

■ ありがとうございました。

森谷:
本当にありがとうございました。

  inza_mori

月曜日(11/15)は、坂巻学さんのインタビューをお送りいたします。お楽しみに!

<つきねこの詳しい情報はこちらから!>
URL:http://dn-e.jp/tsukineko/index.html

 

 

 

 

□ オーディオブック「イン・ザ・プール」商品詳細
□ オーディオブック「イン・ザ・プール」収録後の市来光弘さんのインタビュー
オーディオブック「イン・ザ・プール」収録後の喜多村英梨さんのインタビュー

<撮影・佐伯敦史>

コメントは受け付けていません。