ホーム > 収録レポート > 【イベント】「DNE部×アニメイト秋葉原 夏の公開録音祭り」イベントレポート

【イベント】「DNE部×アニメイト秋葉原 夏の公開録音祭り」イベントレポート

2010 年 8 月 26 日 23 時 24 分

「DNE部xアニメイト秋葉原店=~夏の公開録音祭り!~」にご来場頂きまして誠にありがとうございました!
お陰様で大盛況の内に幕を下ろすことができました。

 

夏の日差しが降り注ぐ秋葉原。この日は奇しくも甲子園では決勝戦が行われていました。
興南高校の春夏連覇の偉業に熱視線が注がれる中、アニメイト秋葉原でも
会場に入りきらないばかりのお客様が熱い気持ちと共に詰めかけて下さいました。

そんな中、11時半からの大会宣言ならぬ「DNE部の夏の公開録音祭り」の宣誓を告げたのは、
「山口&杉山&内田の虎の穴ラジオ」
山口翔平さん、杉山由恵さん、内田愛美さんが初々しさあふれるトークで
見事オープニングアクトを飾って下さいました。

続いて登場したのは、「沖佳苗と菊池こころのきらきらステーション!」の沖佳苗さんと菊池こころさん。
番組内の人気コーナー『KISS YOU WOW WOW YEAH YEAH』を披露して下さり、
お二人の甘いセリフに会場中が酔いしれました。

そして、その勢いを継いだのはつきねこメンバーでもある
「越田と森谷と山本のつきねこラジオ!ver.ソワレ2」の越田直樹さん、森谷里美さん、山本綾さん。
まだ新しいチーム編成になったばかりのソワレ2。
いったい誰が番組の司令塔になるのかなかなか決まらないことを自虐混じりに語り
ソワレ流の笑いを見せてくれました。
そんなソワレ2のこれからを一緒に見守りたくなるような楽しいトークでした。

続いて登場したのは「シフォンのファンファンラジオ!」の氷上恭子さん、増田ゆきさん、小島幸子さん。
コンビネーション抜群の3人による掛け合いは公開録音でも輝いていました。
この日、先行発売となったDJCD『シフォンのファンファンラジオ』を
お買い求めになるお客様も多くいらっしゃいました。ありがとうございました。

そんな盛り上がりを見せるアニメイト秋葉原の7階イベントスペース。
ふらっと立ち寄って、公開録音を覗いて頂けるお客様も多数いらっしゃいました。
立見席もほぼ満席の状態で、見づらい角度もあったかと思います。
嬉しい悲鳴でもありましたが、見やすいお席のご用意は、
今後の弊社の活動に生かしていこうと思っております。また遊びに来て頂ければと思います。

休憩を挟み、ステージに登場したのは「阿久津と桑門と坂巻のつきねこラジオ!ver.マチネ2」
阿久津加菜さん、桑門そらさん、坂巻学さん。
公開録音という場に臆することがない坂巻さんは○○○な発言を連発(笑)
ふだんラジオで○○○な発言の場合の被せとして用いる「RPG!」と叫ぶSEを、
会場のお客様と一緒になって叫ばれていました。
客席にライブ会場のような一体感が芽生えたように感じました。

そして、続いて行われたのはラジオの公開録音ではなく、
WRBによるトークショー?記者会見?という全く新しい試みでした。
司会進行役として、引き続きマチネ2の阿久津加菜さんが登場。
次々とWRBの曲が紹介される内に、M.トミーやモンジンがまさかの
「つい歌ってしまう」という事態に(笑)。
その一種独特な空気感で存分に楽しませてくれました。

そんな空気からまた一変して始まったのが「チエと香織のちか☆ちか日和」
こちらの番組も初めてとなる公開録音でした。
松浦チエさん、峯香織さん、そして、ゲストの田中敦子さんが、
艶やかな浴衣姿で登場すると、一気に会場が華やぎました。
そんな田中さんが、発売したばかりのオリジナルソングアルバム
『ボクがもらった幸せ』から歌を披露すれば、続いて更なるスペシャルゲストに川田妙子さんが登場。
川田さんも歌を披露して下さり、優しい空気が会場中を包み込みました。

公開録音祭りもいよいよ終盤に差し掛かってきました。
この時点で公開録音イベントが始まっておよそ7時間が経過しておりました。
7時間あれば東京と大阪間を新幹線で往復できます。
あちらの甲子園では興南VS東海大相模の優勝チームが決まり、
球児たちの夏のフィナーレを迎えているにも関わらず、アニメイト秋葉原では陽が暮れても
尚冷めやらぬ熱気が会場中に充満していました。

そんな終盤に登場したのは「塩谷・平野・小林の虎の穴ラジオ」
塩谷綾子さん、平野恵里佳さん、小林翔平さん。
若手養成番組としてスタートした虎の穴ラジオも第3期。
養成番組という枠を自らグイグイと広げるようなエネルギッシュなトークが展開されました。

そして、つきねこ3番組の内の最後であり、公開録音祭りの大トリでもある
「市来と五十嵐のつきねこラジオ!ver.インプロ」
市来光弘さんと五十嵐裕美さんのラジオが始まりました。
2人の元気いっぱいな全力トークに、会場中が一言一句聴き洩らすまいという凄まじい集中力を感じました。
公開録音祭りのフィナーレに相応しい大役を見事に果たして下さいました。

本来であればここで終了予定であった公開録音祭り。
しかし、急遽、インプロのテイク2をやることに!
何も知らされていない市来さんと五十嵐さん。
そこに、これまた急遽、阿久津さんが加わりラジオの公開録音がスタート。
すると、そこに乱入してきたのはWRBのベーシストであるモンジン。
しかし、いつものベースではなくギターを抱えているモンジン。
何も語らぬまま、サブステージに駆け上がり歌を歌い始めた。
カオスと化していくインプロテイク2。会場からのモンジンコール。
モンジンの謎の歌が、DNE部の夏の終わりをしっかりと抱きしめました。

公開録音の間の休憩時間中に行われた、演者の皆様とのお渡し会&サイン会。
そして、eNの弾き語りライブ。ラジオの公開録音中以外の時間も、
お客様に楽しんで頂ける催しが目白押しでした。
そんな9時間に及ぶ夏の大イベントが終わりました。
参加して下さった皆様、本当にありがとうございました。

 

DNE部の次なるイベントは9月12日のTRF5です!
それでは皆様、渋谷屋根裏でお待ちしております!

 

<文・フルタジュン>

コメントは受け付けていません。